未分類

物件の選び方

おすすめしたいポイントとしては、やはり1円でもとにかく安い物件を選んでおく、ということです。初期投資に対して、多額の資金をかけられる人ならば良いのですが、そうでなければ、とにかく安く抑えましょう。この理由としては、リーマンショックなどと言った世界レベルでの不況化以降に、ずっと世界の経済が相当不安定になっているという事実があります。このような状況に対する漠然とした不安の中で、いきなり初期投資にお金をかけてしまうと、不安が倍増するだけです。しっかりと知識がつくまで、安い物件で頑張りましょう!最悪不動産投資や物件の運用に失敗してしまったとしても、物理的損失や精神的なショックを軽減することはできるでしょう。また、不動産投資の何よりもわかりやすい魅力としては、投資の流れがいわゆるFXや株などの投資と比べて、非常に分かりやすいということです。要するに、「収入を産むために家を買い、運用し、十分な資金が出来たら、より良い物件に移る」まさにこの流れに尽きます。1980年代まで遡って考えれば、かつては、特にバブル景気などの時には、不動産投資は非常に地味な投資の一種のように考えられていましたが、経済が不安定な今日においてはむしろ堅実で着実な投資と言えるでしょう。とにかく安定した長期的投資であるわけです。しかし、不動産投資は、気軽に済むような決して安い買い物ではありません。安い物件であったとしても、「コンビニでお菓子を買う」などということとは訳が違います。遠い将来をしっかりと考えて、いつ物件を買い、どれくらいの資金を、いつ、どこに貯めるのかという、自分のイメージ通りに投資を遂行していくことが必要となるでしょう。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *