未分類

実際の個人による不動産投資の事例

では実際に個人が不動産投資を行った場合、どのようなことが起きるのかを紹介していきます。
ここでは、通常、不動産投資を行い、物件を購入後、賃貸として貸した場合のイレギュラーな出来事を
中心として紹介します。

誰しも、不動産投資を行い、賃貸物件として人に貸したら、その後はスムーズに事が運ぶことを願います。
ところが、すべての賃貸物件で起きるわけではありませんが、個人で不動産投資を行う際の知識の備えと
して、イレギュラーな事例や対処方法を知っておく必要があります。

不動産投資はまず物件の買い付け時に自己資金と銀行の融資をどのくらい取り付けられるか?から始まります。
もちろん不動産投資を行うわけですから、自己資金と銀行の融資を受けるケースが多々あります。

当初はスムーズに進んでいた自己資金や融資の話も、ある要因により話の流れが良くない方向にいってしまう
こともあります。

また、実際に物件を購入して、賃貸物件として貸し出した場合、賃貸物件に住む人の層または住み方を
事前に知識として備えておく必要があります。

世の中にはさまざまな層の人々がいるので、貸すほうも保険会社や仲介会社を通して物件を賃貸に出しますが
借りてのほうにもかなりイレギュラーな住みかたをする人がいるため、思いがけないケースに遭遇する
ことがあります。

ここでは思い崖ないケースを中心に紹介しながら、不動産投資を行うにあたっての準備事項をおさえていって
ください。

すべてのイレギュラーな住み方を紹介することはできませんが、事例としてイレギュラーな住み方をした
人には以下のような事例があり、イレギュラーな住み方をされたため実害にあったケースとしては以下の
事例があります。

・家賃の未入金で発覚した入居者の逮捕。
・部屋に残された独居老人の処遇
・保証会社の審査が通れば誰でもOKが失敗だった
・アルコール中毒の入居者をめぐってのトラブル
・夜逃げ後の部屋は猫の糞尿だらけ
・原状回復費も補償される保証会社に入っておけばよかった
・不良入居者の迷惑行為で、優良入居者が退去
・社会人としての人間性も入居基準で確認すべきだった
・退去後の部屋にに大量の南京虫

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *