未分類

不動産投資の目的を見失わない(目的を明確にする)

そもそも不動産投資は、生活費の糧であり老後の備えとして位置付けた場合、ハイリス
ク・ハイリターンのギャンブル的要素は出来る限り減らす必要があります。

リターンの高さだけに注目してしまうと一時的には高いリターンを得ることもあるかもしれませんが
見方を変えたらギャンブルになってしまいます。

このような投資スタイルは、元本がゼロになる可能性もありますので非常に不確実性の高い投資です。

このような物件を購入して、少ない修繕費で賃貸を継続できれば表面的には利回りは大きく
見えるかもしれません。

しかしながら本業を持ちながら、膨大な手間をかけて賃貸物件を満室にした状態で転売にまで行うには
非常にハードルが高い一大事業になってしまいます。

地方には、このような物件も稀に存在しますが、誰にでも投資したものに付加価値をつけて転売可能に
できるような状態に持っていけるようなものではないので、万人におすすめできるものではありません。

また地方には地方の都市計画があり、地域によっては特殊な地域もあります。
従って、そんなに簡単には相場は読めません。
相場が読めない状況で、投資を行うことは限りなくギャンブルに近いと言えるでしょう。

言い方を変えますと、不動産投資で手軽に収益を上げたいという一般投資家の目的とは合わない
のがこういった地方の地域に対する不動産投資です。

たとえば地方のある地域では、市街化区域と市街化調整区域の線引きがはずされ、基本、どこにでも
建物が建てられるようになりました。

その結果、パワービルダーが土地もちのお年寄りに営業攻勢をかけ、田畑に
アパートを林立して立て始めました。
その結果、土地の相場に値崩れが起き、もっと坪単価の安い土地にアパートが
建てられるという悪循環が起き、アパート自体の賃料の下落が起きてしまいました。

市街化区域と市街化調整区域の線引きがはずされ、規制緩和されても必ずしも良いことが起きるとは
限らないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *