未分類

不動産投資の考慮事項(投資モデル別のリスク)

都内で、今後も長期にわたって活性化している街とはどこでしょうか?
誰もが思い浮かべるのは、銀座、六本木、恵比寿などブランドが確立している街になります。
これらの街は過去の値動きを見ても、次回の景気高揚時にも値上がり幅は、ほかのどの街よりも
上回っています。

しかし、これら一等地の物件は、購入時の価格が都心の他のエリアと比較してももともと高いですから
賃貸にまわしても利幅は少な目の傾向があります。

従ってローンを返済しながらの長期保有には向きません。

コアプラス型投資の賃貸需要が安定しているということを重視すれば価格が高すぎて
利回りの低い都心をはずして、目黒区、品川区、世田谷区、杉並区、中野区、豊島区、
文京区、練馬区、板橋区などの二等地でも、都心と変わらない賃貸需要を見込めます。

不動産投資の視点からとらえた場合、これら二等地の中で、主要駅から近いなどの
立地条件を念頭に置きながら景気回復時に価格の高騰が期待できる物件を選択するのがよいでしょう。

コアプラス型投資は、東京都心の市場が今後も安定していることと、都心の強力な経済圏を
賃貸需要と土地需要の後ろ盾にしながら成立している投資と言えます。

さらに賃貸料付けにはそれほど苦労せず、また、出口は市場
で売却するだけですので非常にお手軽で初心者向きです。
景気はよくなったり悪く
なったりを繰り返すという、経済の原理どおりに世界が動くことに賭ける投資だといえるでしょ

なお、コアプラス型投資では、賃料収入を安定的に得られるメリットがあるため、、生活費や
修繕費に充当することが可能となります。従って物件売却時の売却益により手元のキャッシュを
増加させて、再び、別の不動産投資を行えるところが基本的な形となっているモデルです。

では超高利回りの地方物件に対するバリューアデッド型投資はどうでしょうか?
バリューアデッド型投資は確かに利回りが高めですが、バリューアッドの名前の
通り、はじめに投資した不動産に対して付加価値を付けた形で売却なり保有して
いきますので、経営や企画力が要求されます。

付加価値といっても必ず、こうすればこうなるという性質のものではなく、目利きが
必要となります。
土地勘や地域性、そして、賃料が安いために相対的に負担の重くなる修繕、これらの目利きを
間違えると、大きなリスクが発生する可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *