未分類

不動産投資の考慮事項(投資方法別の考慮事項)

不動産投資において、買うタイミング以外には、何を考慮すればいいでしょうか。
コアプラス型の投資は、賃貸需要が安定しています。景気高揚時には物件価格の
上昇が見込めることが前提条件となります。

賃貸需要が安定していることが前提ですので、立地条件や人口密度の側面から考えた時には
東京都市部が候補地になります。

しかしどんな物件でもいいということではありません。
仮に景気が悪くなったときに賃料を下げても賃貸のつかない、事務所と店舗物件はリスクが
高くなるからです。
上記を除いたら残るのはワンルームとファミリー向けのの住居物件です。

東京都の場合、約半数の世帯が一人暮らしの単身世帯です。残り半分はファミりー世帯となりますが
賃貸料をつけやすいのはワンルームでしょう。

立地条件、東京に家を保有していない層にターゲットを絞る手法になります。
何と言っても賃貸料がつけやすいのが最大のメリットで、投資した分、回収にまわれる幅もわかりやすですし
以外なことに単身で東京で働いている層は、そのすべてとは限りませんが、いずれは家族が増えたり
収入が上がっていって戸建ての家やファミリータイプのマンションを購入する層に移行していき、さらに
また次の単身で東京で働く層が東京に流入してきますので、リスクが低めと言えます。

都心のワンルームは、単身で働く人達の他に、学生、アジア人などの幅広い層に支えられています。
また、高収入キャリアウーマンのようにワンルームにも高付加価値を求め、立地条件や交通アクセス、
住環境の良さから高い賃料を払って住みたい層もあります。
また一方で男子学生やアジア人留学生のように安い部屋を探している層もあります。

上記のように借り手が払える賃貸料には幅があり、借りる物件のグレードも高め重視の人もいれば
グレードが下がっても賃貸料を低めにおさえられれば良い人もいるのです。

不動産投資を行う側にとってみれば、はじめは物件を購入して、賃貸に出すわけですが、賃貸に出した
時に収益がどれだけ見込めるのかといったことは非常に重要な要素です。

自分が住むという視点よりもどんな層の人達がどのくらいの金額でどんな部屋を探しているのかといった
視線に置き換えてみることも必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *