未分類

ローン特約の適用

金融機関などからの融資を用いて物件購入資金を集める、というのはとても一般的な方法です。しかし一般的だからといって、成功しやすい簡単なものだということではありません。例えば、カードローンで現金を借り入れしているような状態だと、住宅ローンの審査は非常に厳しくなるでしょう。そういった融資を受けることができなくなる要因は様々ですので、自分は大丈夫、何も後ろ暗いところはない、と思っていても、不測の自体というのは常に起き得るものです。

ともかく、何かしらの理由で、融資を受けることができなかった。そしてそのローンが受けられないのならば、取引自体、物件の購入自体が不可能である……そのような可能性があります。

そこで、この場合のように物件購入のために見込んでいた通りの融資が受けられなかった場合、その買主が契約を解除することができる、という特約を、あらかじめ契約に含めておくことがあります。不測の事態に備えての、保険の一種です。このような特約を、「ローン特約」と言います。

ローン特約は、契約ごとに条件を定めます。その中で、これこれの条件を満たして融資が不可能とされた場合、売主は手付金を変換する義務がある、といったように決めておけば、融資の承認されなかった場合での契約撤回に限り、手付金は買主に返金されることになるのです。トラブル回避のため、ローン特約の文面はわかりやすく、解釈に差異が生じないよう、明確なものの方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *