未分類

リサーチ結果と一般論の違い

自分の手で到達し、自らの目で見た情報は、おそらく、多くの新しい事実を指し示すことでしょう。インターネットで検索して見るまで、治安の悪い土地の代名詞的存在だと思っていた地域が、ここ10年間に及ぶ、自治体主導のクリーンアップ・プロジェクトの結果、クリーンなイメージを獲得することに成功し、すでに長く住み着いていた住民たちはそういった類の不安から大幅に解放されているということがあるかもしれません。すると、その結果としての、人口増大であるという予想がつきます。

しかしこのイメージが、まだ、広く一般に知れ渡っていない可能性は非常に高いです。不動産投資のトレンドにおいても、ほとんど名前が上がることがなく、匿名掲示板では、スラム街のような印象を未だ保ち続けているかもしれない。ここであなたは、一体、実質のところ、この地域の治安はどうなっているのか? と悩むかもしれません。ここで、自分の得たイメージの方を、正しいと決断することは、勇気の必要なこととなります。世間一般と違う考えを持つこと、これはどのようなシチュエーションにおいても、頼りなく、不安を誘うものです。

この段階で、無闇に極端な決断をする必要はありません。単に留保しておけば良いのです。文字情報を読みあさることは、リサーチの最初の一歩です。ただ、もし、あなたが独自に得た特定の区域に対する不動産投資の対象としてのポテンシャルが、一般論とかけ離れているということは、大きな利益の要素となる可能性があります。あなたは、例えば、その区域における住宅問題の解消のパイオニアになることができるかもしれないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *