未分類

まずは検索してみよう

現代において、最も信頼できる情報源として、インターネットがあります。ウェブ上の情報は、公的機関の発行する緻密なデータから、地域住民のレビューとも言えるソーシャル・ネットワーキング・サービスのトピックまで、無限とも言えるデータの宝庫と言えるでしょう。

まず、あなたが投資を検討している県の名前で、ウェブ検索をしてみましょう。そこであなたは、かなり上位の検索結果として、人口増加率の上昇指数ランキング国内4位である、という情報を得るかもしれない。この時点で、倉庫の需要は低いでしょうし、住宅は需要が増えてくると見込まれます。大手のショッピングモールは、展開しているでしょうか。それとも、古くから存在し続ける、小さな商店街が生活の基盤として機能しているでしょうか。数字として明示されているデータ、もしくは個人ブログにおける地域住民の学校施設の不十分さへの不平の表明……、一見すると不動産投資とは無縁に思えるインターネット上の情報が、都市の性格や傾向の表現であるということが、決して珍しいシチュエーションではないと、理解できると思います。場合によっては、同じ不動産投資家の経済新聞の記事で、その県においては一度も取引を成功させたことがない、というかなり偏った主観を目にするかもしれません。このような情報に対しても、偏見を持たず、その根拠を探って、有益な情報か、もしくは独占を暗に意図した、風説の流布であるか、といった見極めをしましょう。そうした視点からすれば、検索結果はかなりの割合で、あなたの不動産投資の判断材料となり得るのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *